戌夜のランナー

テレビにらめっこ世代のランニング備忘録

タグ:世界遺産姫路城マラソン2017

やっと金曜日・・・
一週間、長過ぎー!(>_<)

やっと動悸が治まってきたので、
明日から走るの再開しようかと思ってます。


姫路城レポのつづき
35キロのマットを踏んだところから。

■~40キロ 3:18:19(25:10)
512 511 457 456 454

35キロ通過。
マットの横にある電光掲示板には、2時間53分台が表示されていて、
ギリギリ3.5圏内である事を知る。

とりあえず無理しない事を意識しながら、
この上り区間を、何事もなくやり過ごす事だけ考えた。


しばらくして、メイタンが効いてきたのか、
一時、5分20秒台まで落ちたラップも、じわじわ回復。

「そう言えば、去年はピンクのタスキのランナーさんと、
この辺はデッドヒートしたんだよね?」
と、去年を振り返る余裕も出て来た。


37キロ過ぎ。
ようやく長い長いサイクルロードが終わり、ここからゴールまでは下り基調。

丁度38キロ手前で、三度ブログ村応援隊
・・・も、スマホに夢中で直前まで気づいて貰えず(苦笑)
てか、この日りょうたいむ(アップデート一覧表示ツール)の設定ミスってて、
上手く動いてなかったのよね。ご不便おかけしました。

それでも、通り過ぎざまサトさんに「おお、速い!」
と声をかけて貰って、あとはゴールまで粘りの走りを見せるのみ。

ゆるい下りなので、更にペースも回復。

残り5キロのサインが出たタイミングで、時計を見たら12時3分台。
って事は、26分で行けば良いって事なので・・・

この時点でサブ3.5をほぼ確信した。


■~ゴール 3:29:13(10:54)
456 503 (055)

後は、残りを慎重に走るのみ。

このタイミングで一番怖いのは「攣り」だけど、今日に限っては
攣りの前兆すらなく、順調そのものだった。

頑張ればもう少し上げれる余裕もあった。
これがPBが掛かってたりすると、全力で行ったんだろうけど、
今ここで30秒縮めるよりも、上げずにダメージを最小限に食い止める事を優先した。
そんな事を考えれるくらい、余裕があったって事。


残り1キロを過ぎた時、28分台行けるんじゃ?
と思ったけど、ここからが異様に長く
姫路城内に入って、ラストの直線に差し掛かる頃には、
既に29分台になっていた。


ゴール 3:29:13


速報に「ひと仕事してきました。」って書いたんだけど、
ゴール後の感想は、まさにそんな感じだった。
PBが出たわけじゃないので、その手の高揚感は無いにせよ、
今できうる事をやり切ったという達成感みたなものはあった。


更衣室の手前で、スマホの電波を拾いに来たなーくんとバッタリ。
聞くと、きっちりサブ3したとの事。
凄いんだけど、ぶっちゃけ、もう驚かない(笑)

サブ3.5を報告すると「やっぱ強いなー」って返ってきた。
そう、なーくんはいつも「強い」と言ってくれる。
これを「速い」に変えていくのが、今後の課題だ(笑)

そんななーくんに、
「マラソンを走るのが、少し上手くなった気がする。」
って答えた。
具体的に何が上手くなったのかは難しいんだけど、
なんとなくそんな気がした。


この後、後続のみんながゴールするのを更衣室で待った。
〇よさんは4時間半を切って、見事目標達成!
カブさん、ごえちゃんは、良い結果にはならなかったけど、
共に体調が良く無かったり、連戦の疲れもあったりで、
今日はそんな日だったんだと思う。


応援隊の山ちゃん、サトさんと合流して、近場のラーメン屋にて遅い昼食。
「ひと仕事」した事もあり、手酌にて祝杯(笑)
image

この後、姫路駅前でみんなと解散して、
僕はごえちゃんと一緒に、山陽電車にて帰路につきました。

ごえちゃん、往復ありがとね!
お陰でヒマせずに移動できました(笑)


最後になりましたが、
大会関係者、ボランティアの皆さん、沿道で声援をおくってくれた皆さん、
姫路城マラソンに関わった全ての皆様のお陰をもちまして、楽しく走る事ができました。
本当にありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

昨日、思うように走れなかったんだけど、
ただの体力低下というより、

タミフル若しくは風邪の抗生剤の副作用じゃね?

って感じがしている。
日中ずっと動悸がして、そのせいで、やたら疲れるわ、
落ち着かないわ、寝ても何度も起きるわ・・・でそこそこ大変。

そんな状態なので、今朝もランオフ。
薬を飲みきったのが火曜の朝だから、
そろそろ治まって欲しいんだけど・・・


一難去ってまた一難状態だけど、
そろそろ治まってくれると信じて、もう少しだけ待とうと思います。


姫路城マラソンレポの続き
サイクルロードから

■~35キロ 2:53:09(25:48)
503 455 505 521 520


サイクルロードに入る。

ここもまた沿道の声援が凄い。
そして、距離も近い!

余力があれば、かなりテンション上がる所だけど、
今、頭ん中

トイレ!トイレ!トイレ!!

と、9割方トイレで埋まってて、作り笑いくらいしかできない。
・・・・ん?作り笑い??


(゚o゚ )ハッ!


そうだよ!作り笑いだよ!


今日のテーマをコロっと忘れていた。
そう!今日は「笑顔で走ろう!」ってスローガンを掲げてたんだ!

と言うのも、
先日の大阪城練習会に、女性サブ3ランナーのニッキーさんが参加してくれたんですが、
彼女、何がステキって、ずーーーっと笑顔なんですよ。
談笑しているときは勿論だけど、走ってる時も笑顔。

キロ415じゃトテモ走れないけど、これは見習う事ができる!!

そう思って、今回は「しんどい時こそ笑おう!」と。
ニガ虫噛み殺したような顔じゃなく、笑顔!スマイル!
これを実践しようと思ってた・・・・のに、すっかり忘れてた(笑)


って事で、
なるべく苦しい顔をしないように・・・
そして必死に笑顔を作る・・・

その表情たるや、
苦しいんだけど、でも笑わなきゃってんで、
半べそかきながら、でも無理から笑ってるっていう
例えようのない感じに仕上がってたんじゃなかろうか??


サイクルロードで応援してた人は、さぞかしキモかったと思うww


そんな顔芸に四苦八苦しながらも、仮設トイレを目で追ってたんだけど、
どうでも良いときには、やたらみるトイレも
いざ、自分が行きたいって時には、なかなか無いもので・・・


そうこうしてる間に、サイクルロードの折り返しに差し掛かる。
折り返すと、37キロまで向こう5キロの上り区間に入る。


しばらくすると、あからさまにペースが落ちる。
GPSに目を落とすと、キロ5もこぼれてて


ヤバイなぁ・・・・


去年は、未だそこそこ粘れてたけど、今年は踏ん張りが効かない。
と、ある事に気づく


あれ?
尿意どっか行っちゃったんじゃね??


ジョミのマタギの秘伝効果か?はたまた作り笑いが功を奏したのか?
あれだけ切羽詰まってた尿意くんが何処かへ行っちゃってるじゃないですか!


チャーンス!!


今だ!今のうちに距離を稼げ!!
頑張れりょうた!今しかない!!


・・・・と、自分で自分を鼓舞してみるも、ペースは下がる一方で、
遂に520を見るハメに。・゚・(ノД`)

流石にこのままではイカン・・・というか、残された術はメイタンしかない。
今回、カフェイン抜き一切やってないし、効いてくれっかなー?
半信半疑で最後の一手を打つ。

ここでメイタンが効いてくれなかったら、後は・・・


ゾンビに成り下がるのみ ('A`|||)


残りの運命を全てメイタンに託し、
半べそに作り笑いの表情で、35キロのマットを踏んだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今朝、1週間ぶりにジョグって来ました。
5.6キロ 42分(729ペース)

しんどくて、途中で歩きだす始末・・・('A`)

ただのランオフじゃなく、数日間にわたりブッ倒れてたせいか
かなり体力が低下しているみたい
あと、やっと抗ウィルス剤の影響も多少あるのかな?

なんしか、ビビる程走れませんでしたよと。
まぁ、ぼちぼち行きます。



姫路城マラソンのつづき


■~20キロ 1:38:13(23:55)
459 450 440 442 438

16キロで折り返し。
相変わらず調子はよろしくないまま。
小出監督の言う「重い脚」とは全然違う次元。
脚だけじゃなく、全身が重い感じで「キレが無い」って言えば良いのかな?
一挙手一投足が億劫で、とにかくしんどい。


でも、ここまでは「上り基調」だし、その影響も多少あると思って、
いつか体が軽くなる筈と信じて、
とにかく投げ出さないようにって事だけを考えていた。

16キロ過ぎには、名物「ランナー数え隊」が居る筈。
・・・だったけど、今年は現れず。(´・ω・`)
ヤメちゃったのかなーと思ったけど、後でなーくんに聞いたら居たみたいだったので、単に自分が遅かっただけだった模様(笑)
やっぱ、1000番くらいまでしか数えないのかな??


塩田の橋の手前のエイドで、塩タブ2錠を口の中に放り込む。


で、この先コースは「下り基調」に変わる。
体が言うこときかないけど、ここで上げとかなきゃ話にならないので、じわじわと440付近までペースアップ。


しばらく応援もなく、寂しい区間なんだけど、
この区間でさえ姫路城マラソンってば素晴らしい!

前述のかかしの応援隊があったり、
1キロ程(?)の間、沿道にスピーカーを添えてプチFMのような事をしてくれていて、
DJが事前に募ったランナーへのメッセージを読み上げたり、アップテンポな音楽を流してくれたりで
とにかく、

ランナーに寂しい想いをさせないぜ!

ってのがビンビン伝わってくる。
姫路城マラソンの「思いやり」というか「気配り」というかが、
感じられる、とても素晴らしい区間なのです。


■~25キロ 2:02:30(24:17)
437 448 450 501 450

ハーフ通過が、1時間43分とかそんなだったかな?
もっと遅いと思ってたので意外だった。

と、
「おお!ぼっち★練!!
 ブログ見ましたよ!昨日、動物園行ってましたよね!」

黒っぽいウェアの男性のランナーからお声掛け頂く。
向かい風に嫌気がさしてた時だったので、凄くリフレッシュできました!
お声掛けありがとうございました!


この後、
25キロ手前のエイドで、塩飴を取る予定だったんだけど、
取ったは良いけど、開封と同時に飴本体を落としちゃって、
予備で持ってた塩タブでリカバリー。
この辺は、落ち着いて対処できたと思う。


■~30キロ 2:27:21(24:51)
453 455 451 505 502

25キロ過ぎから、元来た道に合流。

ペース的には、450チョイで走れてはいるけど、
正直だいぶキツくなってきていて、あわせて「尿意」がカナリ主張しはじめていた。

ヤバイなー

そう思ってた矢先、パチンコ屋の向こうにぐわぁTが見えた!
しかも、山ちゃんの横に変な黒いのまで居るじゃないの(笑)

そう来たかー、時間差かー、やるなー

てか、サトさんカオナシめっちゃ気に入ってるやんww
ハテナエイドやり過ぎて、次なるネタを探してた所、ええのん見つけたなー(笑)

キツくなりはじめた所だったので、ここでの応援は嬉しかったなー

image


横関の橋を渡って、夢見川の対岸へ。

僕は知っていた
この先サイクルロードまでの区間、凄まじい程の応援がある事を!

人が沢山居るのは勿論、声援が凄いのよ

特に、小さい子供が沢山居て、みんな精一杯応援してくれる!

ちょっとだけ盛るけど(笑)、大阪マラソンで例えると、
住之江公園交差点曲がったスグの大声援区間あるでしょ?
あれが、ずーっと続く感じ。

ネタっぽく、おっさんゾーンとか書いてたけど、
姫路城マラソンの本当の魅力は、この素晴らしい応援ゾーン
30キロの壁が近づいてきて、1回目に心折れそうな頃合いに、
この力強い応援は、本当に心に沁みます。


そんな大声援に、笑顔で応え・・・
たいんだけど、引き続きしんどいのと、ココにきて本気と書いてマジで「尿意」がヤバくなってきた。

何度か見送ってきたけど、もう限界
次、トイレがあったら入ろう・・・

そう心に決める。
ペースもキロ5を超えはじめたので、30キロで摂ろうと思ってたジョミを先行投入。


30キロ通過は、27分台
この先、サイクルロードの上りを考えると、3.5はギリギリってところ
トイレに寄ると、確実にその地点で終わってしまう


いや・・・
逆にスッキリして意外と挽回できちゃったりするんじゃね?
やっぱ、トイレ寄っちゃいなYO!


そんな悪魔のささやきと共に、サイクルロードに突入していくのであった


つづく

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

さてさて、
レポ1書いて放置してた姫路城マラソンのレポ。

尚、タイムはラップタイムはGarmin、5キロ毎は公式タイムないつもの感じで


■~5キロ 24:56(24:40)
449 448 459 501 451

よーい、ズドン!

ロスタイムは16秒。
姫路駅を迂回する感じで、夢見川に向かってすすむ。

505くらいで刻むつもりが、キロ5を少し切るペース。


そして、早くもしんどい(笑)


そのしんどさは体のだるいしんどさ。
そう、この日喉が痛くて朝から体調良くなかったのよね。
体温を計ったら36.2度と平熱だったし、
気にしないでおこうと思ったけど、だるい感じ。

ひょっとすると、既にこの時インフル貰ってたのかも??
とか考えちゃうけど、そればっかりは分からんしね・・・。

そんな感じだったんで、

こんな状態で、今からフル走んの?('A`)

って考えたら、軽く凹んだ。


■~10キロ 49:35(24:39)
456 452 458 452 456

5キロ過ぎ。
田寺三丁目の交差点を右に折れてしばらくした所で、山ちゃんの応援を受ける。
したり顔のサトさんが待ってるんじゃ?
って妄想をしてたので、逆に肩透かしを食らった感じだった(笑)

心拍は既に160を超えてて、ヤバいなー・・・と。
更に上がらないようにだけ気を付けて、慎重に走る。

横関交差点(=27キロ地点)を通過した時、
「しんどかったら、ココでDNFするのが良いかな?」
とか本気で考えた。

10キロ手前で、アミノバイタル顆粒を摂取。


■~15キロ 1:14:18(24:43)
456 455 455 456 454

10キロ過ぎて、沿道に人が増えて来て、応援が活気付く。
そして、11キロ過ぎに・・・

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

おっさんおっさんおっさんあーんどおっさん!
左側車線に隙間なくギッチリ詰まったおっさん達(笑)
今年もおっさんゾーンは健在!


和むわぁ~(笑)


でも、
なーんか迫力が足りないなー
と思って、去年の事を思い出してみたら、
そう言えば、去年はこの区間全車線コースとして使えていて、もっとおっさん達とも近かった事を思い出す。

今年はコーンを並べて2車線⇒1車線に絞っての開催。
意味があっての事なんだろうけど、やっぱりちょっと狭く感じたし、ボリュームゾーン以降だと確実に「人の壁」が出来ちゃうんじゃないかな?

「人の壁」というと、僕の2回目のマラソンが京都だったんだけど、
最後尾スタートで、嫌って程「人の壁」を味わったのを思い出す。

10キロ程行けばバラけるんでしょ?

マラソンの本にはそう書いてあったし、そう信じて、
人を縫うように走ったりはせず、我慢して走ってたんだけど、

結局30キロ過ぎまで人の壁だった(泣)(泣)(泣)

マラソンなんて、1回か2回記念走ればいいやとしか思ってなかったのに、
その人の壁のせいで、練習の成果が発揮できなかったのが、悔しくて、悔しくて、
「もっと速くなれば、人の壁なんて気にしなくても走れるんだ!」
と思ったのが、マラソンにハマった主たるきっかけ(笑)
わからんモンです。

「もっと速く走れるって申告すれば・・・(ニヤリ」
みたいに虚偽申告してやろうとか思わない所がマトモでしょ?(笑)
てか、普通そうか。

この「申告タイム」ってヤツも色々考えがあって・・・
って、この話をしだすと長くなるので、また次の機会にでも(あるのか?)


・・・と、話が反れちゃったけど、
とにかく、1車線に絞る事で、おじさん達との間に距離が出来てしまっていたのが、残念だったなー。


長くなったので続きます

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

さて、今回から姫路城のレポ・・・


に入る前に、さらっと今日(有休)の話を書いておきます。

朝の一連の用事が終わった後、ブログを1件投稿。
まったりとブログ村を巡回した後、ほぐしジョグへ
2017-02-27-11-40-50
大阪城は、先日暗くて良く見えなかった梅林を見に行ってみました。
2017-02-27-12-33-35

2017-02-27-12-32-16
2017-02-27-12-33-03
沢山の人でにぎわってました。

2017-02-27-13-20-07


終わってから、遅めのお昼ごはん。
2017-02-27-13-48-34
ドンキで山積みにしてあった六厘舎のカップ麺。
普通においしかったけど、六厘舎ってつけ麺専門なの??


この後、ウトウトしてきたので小一時間程昼寝・・・
 
シアワセ ( ̄∇ ̄*)



子供が帰って来た声で起きて、後は現実世界に舞い戻り。
何をやったってワケじゃなかったけど、ゆっくり過ごせました。



って事で、姫路城マラソン当日。

4時起床。
起きてスグに乳首ケアは、常識中の常識ですよね?

テーピングをした後、朝ごはん。



いつものように、サッポロ一番味噌ラーメンとごはんを少々。
2017-02-26-04-39-48
なんかインスタントラーメンばっか食ってんなw

トイレに行ってみたら、気持ち大問題は解決・・・したけど、やっぱり物足りない感じ。

地下鉄の始発に乗って梅田へ。

6時発の姫路行き、直通特急に乗車します。

出発前の車内でごえちゃんと合流。

もす!



姫路には7時36分着。
 
2017-02-26-07-54-18

コンビニのトイレでリトライしたら、あっさり2回目が呼ばれて飛びでました(喜)


更衣室の陣地に向かうと、先に着いていたカブさん、なーくんと入れ違い。

ささっと着替えて、僕らも荷物を預けて、山ちゃんとの集合場所へ。


行くと、
山ちゃん 「みんな、もう並びに行ったよー」
ココでも入れ違いになりまいた。

山ちゃんも、応援ポイントに急ぐとの事。

7:40に姫路に着いて、9:00スタート・・・ホント余裕ないよね(苦笑)


出発前のトイレ小を済ませて、ごえちゃんのいつもの写真を撮ってからスタートブロックへ

ブロックに入って間もなく、間寛平登場!

今年も「えいえいおー」やるに決まってる!と思ったのに、違うパターンで来やがった(笑)

そんなこんなで、あっと言う間に

スタート1分前


レースを走るぞ!って緊張感や高揚感もなく、この時を迎えてしまった・・・

そして、


号砲


僕の2回目の姫路城マラソンがスタートした。

このページのトップヘ