では、実際に作ってみます。
前編で紹介したパターンの中から、「普通紙+ポリ袋」をやってみたいと思います。

今回はExcelを使った例を紹介します。

1.Excelを起動

Excelを起動します。

2.起動した後、「図の挿入」でゼッケンデータを取り込む

zekken_howto_01
zekken_howto_02

3.画像に「枠線」の設定をカマす

zekken_howto_03
一番細い線で良いから、枠線の設定をカマします。

この工程、オプションなんだけど、
  • プレビューの時にゼッケン全体を見渡すのに都合が良い
  • 印刷した後、ハサミで切りやすくなる
と言った理由で、この設定を入れておくと後々楽になります。

余談ですが、ゼッケンデータ作るときに、
「淵に線入れる?」
って、凄く悩んだんですが、要らない人も居るだろうし、
こんな感じで後からいくらでも付けれるので、
データは「淵なし」にしました。


4.プレビュー&ページ設定で調整

zekken_howto_04-3

zekken_howto_04-1

zekken_howto_04-2
プレビューを見ながら、ページ設定で微調整していきます。
僕が印刷に使ったときの設定は上記の通りです。

5.印刷&裁断

2017-05-17-16-08-47

2017-05-17-16-10-44
印刷したら、罫線に沿ってハサミを入れます。

6.ポリ袋に入れて、あまりを調整

2017-05-17-16-11-50

2017-05-20-06-47-57

2017-05-20-06-53-25
ゼッケンが出来たら、あとはポリ袋の中に入れて余りを調整します。
ポリ袋の余りをハサミで切って、上下左右の余白をセロテープで止めます。

7.完成

2017-05-20-06-53-34
完成です。
そこそこ良い感じのゼッケンが出来たと思います(^^)



以上、ゼッケンを作ろう!でしたが、いかがでしたか?

最初は、紙になった所から書こうと思ったけど、
印刷する所から書いた方が、前編のように色んな意見貰えると思って・・・

てか、何でExcelなん?って??
コレは、もう、SEの職業病みたいなモンです(笑)
仕様書の類は、大抵Excelで作るしね。
一番こなれたツールだから。
って理由です。

実は、Wordの方が勝手が良いかもしれないし、
他にもっと良い方法があるかも知れません。

その辺も含め、
もっと良いやり方あるよー
ってのがあれば、コメントいただければと思います。

あ、もちろん「タメになったぜ!」という賛辞はいくらでもどうそ(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


【オマケ】
ジョリスさんのオススメ「プチプチVer」も作ってみました!
image
休憩で座るときにクッションにもなるし、とても便利そうだ。






んなワケあるかーい!