激沈上等!ファイト!!

37キロ過ぎ、白いTシャツの男性ランナーに声をかけて貰った。
「Tシャツかっこいいのに、ダメじゃないですか~」
と、いじられる(笑)

ですよねw

良し、じゃー行きますか!!!
なんつって、空元気を出してしばし彼と並走。
そして100m程走って「頑張って!」と、見送る・・・
つもりが、


あれれ??


2017-03-27-10-21-58
こいつ・・・動くぞ・・・


もう終わったと思っていた僕の体が息を吹き返した!?
「ウルトラに復活はある」は聞いたことあるけど、


うっそーん、フルにも復活ってあるん?(笑)


良くわからないけど、とにかく動くようになったので、
声をかけてくれた彼と、そのまま会話をしながら走る。


彼は八王子から参戦してること。
この後、飛騨高山にエントリーしていること。
ウルトラと言えば、僕の仲間に「丹後、丹後」とうるさいのが居ましてねぇ、ええ・・・みたいなことを言いかけたこと(笑)←言ってないw
走りながら、色んな話をした。


沿道のブラスバンドの奏でる曲を大声で歌ったり、
この後のレースの話をしたり・・・
とにかく、一緒に走っていて楽しかった


ラップタイムも、気づけば5分前半にまで回復。
撃沈して途方が暮れていたのが嘘のようだった。



しばらく行くと、
明らかにゾンビになってるじぇーてぃーさんを発見w

この景色を見るのは何回目だろう?

じぇーてぃーさんは、競走馬で言うと「ツインターボ」と被る。
とにかく逃げ、とことん逃げ
凄まじいスピードで、序盤から飛ばしまくって逃げまくる
「ヤバイ、このまま行ってまうんちゃうか!?」
と、思わせつつ←買ってないw
結局、最終コーナーを回る頃には、馬群に飲み込まれる・・・
と、ここまでが様式美(笑)

そんなじぇーてぃーさんに声を掛けたら
「両脚攣った~」
と、元気な・・・いや、泣きそうな声が返ってきた(笑)


白Tの彼とランデブーは続く
この後は、

コーラエイドで盛り上がり、
プチブラックモンブランエイドでテンションMAX!


結局、彼とはゴールまで一緒だった。
競技場に入り最後の直線。
もう、そこには「笑顔」しかなかった。

手つなぎゴール・・・とまでは行かなかったが、彼と同タイムでゴール。


3時間34分12秒


もう、彼には感謝の2文字しかない。
あそこで声を掛けて貰えなかったら、間違いなくこの記録は無かっただろうし、
さが桜マラソンの一番の盛り上がりポイント「多布施川河畔」を、
全く堪能することなく、ただ下を向いたままゴールしていたと思う。
そして何より、ラスト5キロが楽しくって仕方がなかった!
本当に、ありがとうございました。

彼との出会いが「奇跡」ならば、もう1つ奇跡が起きた。
記録証をもう一度良くみてみる・・・


2017-03-19-13-55-27
なかなか、狙いたくても狙えないよね?(笑)


最後に、
大会関係者、ボランティア、スタッフ、沿道で応援してくれた方、私設エイド、さが桜マラソンに携わった全ての方に感謝申し上げます。ありがとうございました。
初参戦でしたが、また来たい、また走りたいと思える素晴らしい大会でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村