何かもう、信じられないんだけど・・・


まーた、iphoneが壊れました (´Д⊂)


お昼時、お弁当食べながら普通にtwitterとか見てて、
ちょっと目を離した隙に、黒画面に戻っちゃってたのね?
したら、普通電源ボタン押すよね?
押して開こうと思ったら、

あ、あれ??(・∀・;)

何も反応しない。
電源+丸ボタン長押しとか色々やったけどダメ。
結局、息を吹き返すことなく、ご臨終と相成りました。。。


新品に交換して、まだ2週間とかだぜ??
いい加減にしてくれよ・・・
また、復旧作業かよ・・('A`)


もう、Appleのサポートへの電話も慣れたもんよ(笑)
さっさと電話して、本体交換を手配。

加えて、今回はauに行って、代替機をゲットしてきた。
これがまた、何年前の機種だ、コレ?
ってくらい、画面カクカクのアンドロイドw
でも、数日の間だし、何もないよりはマシと割り切って使ってる。

本体、早く届きますように!




別大レポのつづき


40キロを過ぎた。
これ以降は関門が無いため、この先はジョグで行っても完走できる。

さて、どうするか・・・
スタートするまでは、40キロを超える事に必死だったんで、
ここから先はノープランだ(笑)


そう言えば、去年やべっちが「ウィニングラン」って言って、
別大への想いを噛み締めるように、ゆっくりとジョグしたとか?


確かに、ほぼ完走は手中に入れたし、それもまた一興。
なんだけど、ココから先こそが大事な気がした。
そうじゃないと「何の為に今年出たんだ?」って話になる。


そう言えば、きんきんのこの記事
関西勢で言えば、やっぱ、りょうたさん。
なんで出走する気になったんだろう?
まず、そこが不思議で仕方なかった
確かに持ちタイムは23分だし、故障もしてたしね。
じゃー、何で走ろうと思ったのか?


それは・・・遡る事1年前。
別大から帰ってきたサトさんが興奮気味に力説するのよ、
  • 別大は特別な大会。
  • そこらの大会と雰囲気からして全然違う。
  • サブ3ばっかりで、3時間切ってないと恥ずかしいくらい。
  • みんなアソコに勝負しに来てる。
  • とにかく別大は勝負する所だ!
・・・ってねw


そこまで言われたら、

 良し!
 じゃー僕も別大で勝負しようじゃねーか!!(`・д・´)

って思うよね?

いや、思うのよw
ほら、メイタンとか最近ではジール5とか・・・
ヒドイでしょ?サトさんのステマ。てか、サトマw
そう、元を正せば全部サトマのせい。

サト  イズ  ギルティー!

とまぁ、冗談半分はサト置き・・いや、さて置き(笑)、
何事も経験というか・・・
聞いてるだけじゃ分かんない事ってあるよね?
百聞は一見にしかず
とにかく行って、見て、走ってみよう!話はそれからだ!
みたいなノリで出走を決めた。


したら、マジで足底筋膜炎治らないんでやんのw
全然走れないわ、時間だけが過ぎて行くわ・・・

そんな中でも腐らずにできる事を淡々とこなせたのは、
別大完走って目標があったからこそ。。。

そして、実際に走ってみて、想像通りの大会だった。
参加選手みんなが、ココに向けて全力で調整してくる。
お遊び一切なしの真剣勝負!
サトさんの言うとおり、ここは「勝負する場所」だった。

だからさ、きんきん
完走したけど、来年も別大行くわw



話を戻す。
せっかくココまで来たんだ。
ココから先は、来シーズンPBに向けてラストスパートのシミュレーションだ!
きつく、苦しい中でのラスト2キロを体験しよう!

しんどいのは、あと10分少々。
それさえ辛抱すれば、いくらでも楽ができる。

頑張れりょうた!
あと、もうちょっとの辛抱だ!!



橋の手前を曲がって、競技場への下り坂に入る。
うわー、ここ知ってる!テレビで何回も見た景色。

と、
土手の上から「ぐわぁTファイト!」との声。

嬉しい~
「ありがとー!」と、投げキッスで応戦w



競技場の入り口。
電光掲示板には「3:28:30」と表示されていた。


マジか!
サブ3.5まであと1分半・・・


コンマ1秒で「無理」と思ったw
トラックの1周が嫌って程長いのは、大阪ハーフの長居陸上競技場で何度も経験済だw

競技場に入るとスグ、
トラックの外で待っていてくれたあやたさんとサトさんに気づく。
嬉しさと、サブ3.5が無理なのが併せ持って苦笑いした。


気を取り戻して、残り数百メートル

ダメ元で、ギリギリ29分台で滑り込むよう頑張る!!

も、
残り100mの所で、無常にも「3:30:00」となる。
城内から「あーーっ(無情)」という、声が漏れ、
その瞬間、天を仰いだ
image
しかし、「最後まで全力」と決めたので、
緩める事なく、ゴールまで全力で走り切った。


[ゴール]
3:30:16



ゴール後、フィニッシャーズタオルを受け取る。
頑張った分、ちょー嬉しかったw

そして、スタンドに目をやると、姉の姿があった。
やっぱり、最後見届けてくれていた。

フェンス越しに、少し会話する。

確かに、元気な姿を見せるだけで、姉は十分だったかもしれないけど、
やっぱ、30分切った所を見せたかったな・・・


姉との会話が終わって、トラックに目をやると
最終ランナー?が走っていた。
ゴールして、数分しか経ってないのに、もう最終w
改めて、ギリギリだった事を痛感する。


荷物を受け取り、みんなと合流。
圧倒的に一人遅かったので、みんな着替え済だw
慌ただしく着替える。

最後に記念写真。
image
みんな無事完走。みんな笑顔。
良かった!
DNFで場の雰囲気をぶち壊さずに済んでホントに良かった(笑)


関東・九州組に別れを告げ、
慌ただしく空港行のリムジンバスに乗り込む。


空港では、出発までの間に遅い昼食?夜食?を食べる。
image
大分上空から渾身のドロ~ン

完走祝いって事で、えむさんが御馳走してくれた。
いや、ホントは応援して貰って、コッチがご馳走しなきゃなのに・・
よっ!男前!!(笑)
えむさん、ごちそうさまでした。



後は、大阪までひとっ飛び。
空の上で飲んだ、1週間ぶりのコーヒーがとても美味しかったです。


空港に着いて、荷物のタグにこんなものが・・・
image
このちょっとした心遣いが、レースの疲労を癒してくれた。


別大レポ、以上です。
長々とおつきあい、ありがとうございました!(^ー^)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村