5合目あたりだったかな?kinさんに追いつかれる。


kin「しーやんさんは?」
りょ「多分、ずっと先です。」
kin「捕まえましょう!」


マジでか!
ココからしーやんを追いかけるとか、そんな発想これっぽっちも無かったけど、着いて行けるだけ着いていってみる事に。



まぁ、10分も経たぬ間に見えなくなりましたがね(ノ∀`)
ロードと違って、この状況でグングン抜いて行けるkinさんのメンタルは凄げーなと。


後はもう一人旅。
ひたすら地面を見ながら歯を食いしばって隊列に着いて行くのみ。
そう、地面を見ながら・・・

楽しみにしていた景色は、ガスってて20m先も見えない感じになってるし、結構な斜度なので普通にしてても前の人の足しか見えない感じ。

7合目の給水所でも水を頂く。
うまい!
そして、塩タブも口の中に放り込んで塩分補給。


ふと、「この水ココまでスタッフの人が運んで来やはったんよね?」と思ったが最後、給水所の水について色々と考えはじめてしまう。

それって、下から担いで登って来たのか??
いや、ココだと上から持って降りた方が近いのか??
どっちにせよ結構大変よ?
だって、人数分の水言うたら結構な量やろうし、ただでさえしんどい坂をどうたらこうたら・・・

と、どうでも良いような事をずーーっと、そして真剣に考えてた(笑)しんどさと、坂道の単調さで思考がおかしくなってたかもwww


この後、数回登山客渋滞で足を止める事がありましたが、去年の話を聞いてると今年はマシだったのかな?それ以外はほぼ渋滞も無く、9合目も超えて「ラスト!あと50m!!」の声。

ゴール前でやべっちのエールを受け、濃霧の中ゴール!
手元の時計で1:48:02(公式記録1:48:06)
山頂だけに、ゴールというより「着いた~」って感覚だった。

ゴール付近には、先に着いたしーやんとkinさんが居た。
そして、


寒い!((((゚Д゚;))))


18度設定のエアコンの強風がゴーゴー吹いてる感じ・・・って、例えヘタクソで申し訳ない(苦笑)とにかく寒いのよ。
ファイントラック仕込んでるとは言え、このままみんなのゴール待ってたら、間違いなく風邪ひきそうなので、防寒具が入ってる荷物を取りに行く事に。

荷物預けには、山頂がゴールなので、当然下っていくんですが・・・
下って下って・・・


なかなか着かない(´・ω・`)


しかも、意外にレース中は気にならなかったランシューが、ココに来て滑って滑って怖いの何のって!

結局20分程かかってようやくシャトルバス乗り場(=荷物預け)に到着。
着替えを済ませて・・・どうする?来た道戻る??
しばし、しーやんと相談。そして、



流石にごめんなさいしました(/3\)


戻るにしても今度は登りで30分以上かかるだろうし、みんな山小屋でお蕎麦食べながらくつろいでるだろうしね。僕らは先に下りてしまおうと。


シャトルバスに乗り込むと、これが暖かいの何の。( ̄∇ ̄*)
それまでがえんれー寒かったんで「助かったー」って感じでした。

朝早かった事とバス車内の温かさ&揺れも手伝ってウトウト・・・
気付けば夢の中でした。



こう言う時のウトウトってホント気持良いんだよねと思うあなた!
1クリックお願いします♪

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村