戌夜のランナー

テレビにらめっこ世代のランニング備忘録

ダニエルさんいわく、オレのVDOTは40か41あたりだそうな。
Tペースを見ると、キロ5'00"くらいが妥当・・・
との事なので、このペースで閾値走してみる事に。

この場合の「閾値」とは、血中の乳酸濃度が急激に上昇する点の事であり、
乳酸の閾値・・・英語(lactate threshold)の頭文字をとって
「LT」なんて表現もある。

で、閾値走(LT走)を頑張る事で得られる効果は、
ずばり『持久力の向上』 であり、強度と時間両方の増加に
耐えられる力が向上する。

ざっくりとした閾値走の概要はこれくらいにして、
結果、

 まぁまぁ出来たんちゃうかな?

3キロアップジョグ
4キロ閾値走(5'00")
3キロダウンジョグ 

の合計10キロ。
良い練習になりました。


走りながら、
「ただ単に走るのと、トレーニングとして走るの違い」
について考えてた。

結局、走りについて考えながら走るのと、
ボーッと違う事を考えながら走るの違いかなー、なんて。

フォームを意識したり、使ってる筋肉意識したりするだけで、
走りって変わるし、逆に走りとは全然違う事を考えていると、
気づけば腰が寝てたり腕振りが小さくなったりするよね。

でも、フォームを気にすると逆に筋肉が強張って
効率的なランにならないって話も聞いた事がある。
この辺が難しいんだけど、たとえ非効率になっても「練習」の時は、
色々考えながら走った方が良いんだろなと。
もちろん、目的をもって。

一方のボーッと走るのも、リフレッシュ効果もあるし、
リラックスできるのであれば、全然アリやんね?
明日はリラックスランにしよっかなー














また随分と間が空いたなー。もう7月になっとるがな。
えーっと、とりあえず6月の総括でもしときましょか。

6月数値
15ラン、168km、平均6'12"

週末、丸々旅行でつぶれたのと、
フォームが定着してないせいか、疲労がどうしても残って、
終盤が1ラン、2オフ周期になっての結果がこれ。

走行距離至上主義じゃないので、月間200キロに全くこだわりはないけど、
もうチョイ走れたかなー、とは思う。ので、今月は頑張ります。


おおざっぱなテーマだけでも。
「衝撃を抑えて、疲労が溜まらない“経済的な”フォームを身につける。」
スピードは二の次。とにかく「基礎づくり」でエエよ。

ドコモが株主総会、新サービスに注文相次ぐ 質問打ち切りに不満の株主が退場も

今更「通話し放題」言われてもなー。
LINEしかりSKYPEしかり、電話回線じゃなくネット上で会話できる時代。
パケット定額が割安になる方が、みんな嬉しいと思うけど。

LCCとか良い例やけど、
元々「当たり前」だった事を見直し、徹底的に「有料化」をすすめて、
その分、ベーシックな部分は値下げして安く見せる・・・
ってーのが、今の流れとちゃうん??

もしくは、商品バリエーションを極端に少なく、例えば
ユーザは「ライト」「スタンダード」「プロフェッショナル」の3パターンしか選べない
実はこれで十分だし、商品としても分かりやすい。
下手にオンデマンドに対応するから、商品が分かりづらくなって、
結果的になにがお得で、自分に相応なのかわからなくなってる。
まぁ、その辺が逆に狙いだという説もあったりするけど、
そう言う「シンプル路線」が今の流れだと思うんやけどなー。

そら、株主総会荒れるでしょうに。
ドコモが変われば、他も変わると思うんよね。
故に頑張ってほしいけど・・・土台無理な話なんかね?


まぁエエよ。
で、今日のジョグ。

予定通り、ゆるジョグ。
でも、2キロ走って左足首下に電気走る感じの痛みがビビビビビッ!!

ナンデ??
チョット、オジサン、ワカラナイアルヨ!


折り返して歩きで帰路につきました。
てか、ほんまになんでかわからん。
脱力に重きを置いて走ってたから、脱力し過ぎたか??

とりあえず無かった事にしときます(笑




このページのトップヘ