戌夜のランナー

テレビにらめっこ世代のランニング備忘録

息子の遠足用リュックを買いに、鶴見のアウトレットに。
アウトレット行くと、一応アシックス、アディダスあたりのスポーツメーカーのショップはふらっと見てみるんですが、

なぬっ!

アシックスのPRO-PADソックスが1,700円!
靴下ごときに 1,700円は一般的には「高っ!」でしょうが、実は定価が3,000円弱する代物。ネットでも2,000円を切ってるのをあまり見たことがなく、今シーズンもまたお世話になろうと思ってた矢先なんで、迷わず購入。

で、家に帰って早速試着。

IMG_0853
拇子球と見づらいけどカカトの両サイドにPADがついてます。
拇子球のそれはクッション用。カカトのPADは、衝撃吸収&靴の中で足がズレるのを防止するためのもの。


IMG_0854
甲側にもPADがついてて、靴の中の甲の部分のすき間を埋めることで、上下のズレを防止。



こんな感じで要所要所に「PAD」がついていて、衝撃吸収&足のズレを防止の機能を担ってくれるという代物。

靴下に関しては、3足1,000円ので十分!って人も居れば、こだわりを持って色々と試す人も居るわけで、自分の場合は間違いなく後者。ちょっと極端な例かもしれないけど、5本指じゃない普通の綿100の靴下と、この靴下だとどっちが良いか?でも、そういう事だと思うんですよね。なので、靴下はシューズ同様、非常に重要なアイテムの1つだと考えています。

普段の練習にはタビオを使ってて、これはこれで丈夫だし、良い靴下なんですが、レース用にはこのPRO-PADと去年あたりから決まってきています。タビオの良いところは、ズバリ耐久性!それなりの機能に加え、とにかく丈夫って所が良いです。下手な安モンの靴下よりもコストパフォーマンス高いと思います。一方、このPRO-PADは耐久性はぶっちゃけそないに良くは無いものの、各所のPADが狙い通りに機能してくれるんで、大会用としてはアリかなと。


これまでは26cmのものを使用してたんですが、今回は28cmを買ってみました(ちなみに、実寸は27cm)。試着した感じ悪くなさそうですが、こればっかりは走ってみやんとわからんですよね。問題なさそうなら、26cmは練習用に格下げして、今年のレースはこっちで行こうと思います。




 

16日 有酸素走  11.8キロ
17日 回復走


と来て、今朝はロング走27キロ。
キロ6’00から入って、ジワジワ~っと上げて、最後の5キロをキロ5'20くらいで・・・・の、予定でしたが


大撃沈!!


5キロ走ったトコで足が止まって、なんとか走ろうとするも、体が走りたくない!と拒否して、走っては止まり、走っては止まり・・・

で、結局ランニングをはじめてから初めて電車で帰宅という結果に。

理由は色々で、普段ゲーターとかつけないんですが、大会で装着しようと今朝はゲーターつけて走ったのね。でも、脹脛が痛くて走ってられん!!とにかく苦痛で、5キロ程走って辛抱ならずゲーターを外すためにSTOP。これが一番大きな要因。

あともう1つ、今日はできれば30キロ走りたくて、でも息子の運動会のからみもあって、絶対朝7時には戻らなきゃならんくて、逆算すると4時には走りださなきゃいけない・・・結果的に3時半に起きる・・・要するに寝不足ってのも大きな要因。

という事で、体調とか筋肉疲労とかじゃなく「メンタル的」に走れないという貴重な体験をしたわけで、ぶっちゃけ今現在



思い切り凹み中orz


もうサブ3.5どころか、サブ4すら無理なんじゃね??てか、これってオーバートレーニングなん??休養って必要なん??色んな事を考えては不安になります。。。大丈夫か?オレ・・・


とりあえず、今晩は、ランの事は忘れて、飲んで食べて楽しい事やって、良く寝よう!うん、そうしよう!!


そうそう。
それなりにブログも継続できてしまってるんで、ブログランキングってやつをやってみた。
見てる人、皆目居ないかも?ですが、応援のクリックお願いします!!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 



火曜日は疲労MAXにつきランオフ。
今朝は、水曜ポイント練習。無難に閾値走です。

閾値走(LT走)の簡単なおさらい。
・20分以上走るテンポ走
・LT走の距離は6~11km
・ハーフマラソンのペース
・最高心拍数の82~91%
・3~5kmのウォーミングアップ後に実施
・10~15分のクールダウンを行う
・LT向上の効果

ポイントは色々あるけど、個人的にはウォーミングアップとクールダウンが最重要項目。どんなに時間が無くても、これだけは絶対にやります。まぁ、閾値走に限らずなんですが、ウォーミングアップを端折ったりおろそかにすると、スイッチを入れても調子が悪かったりするし、下手すると故障につながります。クールダウンもやるとやらないとでは、疲労の抜け具合が全然違う。今日というよりも、明日以降気持ち良く走れるように、しっかりやるようにしてます。

んで、変な言い方になるけど「残された時間」が本練習になるんですが、閾値走の場合は目的が「LTの向上」なので、変な話ペース云々なんざぁどうでもエエわけですよ。LT(乳酸性作業閾値)さえ高くなればOK!なので、要は『20分以上LT領域の心拍数で走る』事さえ出来れば先ずは成功!で、その大原則を守りつつ、ハーフマラソンペースだったり走行距離だったりがついてまわる・・・って感じでやるのがシンプルでエエかと。


で、今朝のラン。3キロアップジョグの後にスイッチ入れて。

1.40KM 7:35 5'23"/KM 149BPM
1.44KM 7:27 5'09"/KM 155BPM
1.46KM 7:31 5'08"/KM 155BPM
1.44KM 7:36 5'16"/KM 156BPM ※
1.43KM 7:27 5'10"/KM 158BPM
1.45KM 7:28 5'07"/KM 155BPM

本当は、もう1往復したかったけど、時間が無かったんで3往復でおしまい。今回もまた“中だるみ”が発生。ちょっと気ぃ抜くとペース落ちてまうねんなー。でも、全然成功の部類。1日ランオフしたせいもあって、体も軽かった!

速い人のブログなんかを見てると、4分台がズラリ最後に3分台・・・なんてデータが載ってます。凄いなー。自分もこういうデータを載せれる日が来るんだろうか??焦らずコツコツ行きます。

明日はマッタリつなぎJOGの予定。


このページのトップヘ