戌夜のランナー

テレビにらめっこ世代のランニング備忘録

土曜日の大撃沈の後、ずっとランオフにしてます。いや、もう、普通にショックやったんですわ。「ここ最近頑張り過ぎたんかなー?」と思って、ちょっとリセットの意味も込めて休もかなーってね。

凹んでばっかりなんもアレなんで、折角なんで「オーバートレーニグ」についておさらいしてみました。

著名なトレーニングの本には、どう言ったトレーニングをすれば「向上するか」が、事細かく書いてあるんですが、オーバートレーニングについては「避けるために、○○はヤメましょう」的な事は書いてあっても、じゃー、どう言う状態になればオーバートレーニングか?が明記されてなかったりします。結果、故障してから「あ、それ、オーバートレーニングだから!」となって、「うん、確かにめっちゃ頑張ってたかも(テヘ!)」になって、初めて認識すると。

んで、それこそ7、8年前に買って、心拍計を買うきっかけになった「脂肪を燃やすトレーニング(藤原祐司)」って本があって、今でもタマに読み返してるんですが、その本の中にオーバートレーニングについて細かい内容が書かれてます。一部抜粋すると、

○筋肉のオーバートレーニング
・回復に必要な時間が十分で無かった
・能力を超えたトレーニングをした
⇒結果、筋肉が機能しなくなる又は痛みだす。
対処方法は「素直に運動を休む。」

○副腎の疲労
身体にはストレスに対処するシステム、副腎がある。
オーバートレーニング時は、この副腎が疲労している。
副腎が疲労すると
・血糖値が不安定になり
 →(脳は糖に依存しているので)空腹感が増し、
 →(神経系も血糖値に敏感に反応するので)イライラしたり、睡眠障害が出る
・ホルモン分泌にも影響する
 →代謝機能が低下
 →糖の利用が増加する
 →脂肪は燃焼しにくくなる
 →体脂肪が増加する
 →持久力が低下する
・免疫機能にも影響する
 →抵抗力が低下
 →細菌・ウィルスの影響を受けやすくなる
 →風邪・アレルギー症状があらわれる
・やがて慢性化する

○傾向
・真面目な人・目標に強い意志を持っている人程、諸機能が低下していても、それを無視して練習で頑張り過ぎてしまうという傾向がある。
・疲労を残すような長時間のトレーニングを繰り返すと、オーバートレーニングになります。レースに耐える体を作るのに、強度の練習は必要ですが、十分な休養を取らずに、長い時期続けると、オーバートレーニングになります。
・問題はトレーニングそのものでなく、生活スケジュールに原因がある場合が多い。特に家庭を持つビジネスマンが運動を継続するために、一度決めたスケジュールを守ることに固執するあまり、日常生活の中にあまりに多くのことを詰め込み過ぎるために起こります。


・・・何点か心当たりあるんちゃいますか?(笑)
自己分析してみると、今回のそれはオーバートレーニングか?というと、睡眠はちゃんと取れているし、筋肉疲労も言う程でもない。って事で、深刻じゃないものだと思います。
でも、これこそが1つの「兆候」であり、身体からのサインをしっかり受け止めて、これを「無視」するのではなく、しっかり「対処する(=休む)」のが大事かなと。


と言った所で、絶賛ランオフ中!流石に3日走らないと脚も軽くなってきました(笑)明日あたり、またジョグから再開かな?



息子の遠足用リュックを買いに、鶴見のアウトレットに。
アウトレット行くと、一応アシックス、アディダスあたりのスポーツメーカーのショップはふらっと見てみるんですが、

なぬっ!

アシックスのPRO-PADソックスが1,700円!
靴下ごときに 1,700円は一般的には「高っ!」でしょうが、実は定価が3,000円弱する代物。ネットでも2,000円を切ってるのをあまり見たことがなく、今シーズンもまたお世話になろうと思ってた矢先なんで、迷わず購入。

で、家に帰って早速試着。

IMG_0853
拇子球と見づらいけどカカトの両サイドにPADがついてます。
拇子球のそれはクッション用。カカトのPADは、衝撃吸収&靴の中で足がズレるのを防止するためのもの。


IMG_0854
甲側にもPADがついてて、靴の中の甲の部分のすき間を埋めることで、上下のズレを防止。



こんな感じで要所要所に「PAD」がついていて、衝撃吸収&足のズレを防止の機能を担ってくれるという代物。

靴下に関しては、3足1,000円ので十分!って人も居れば、こだわりを持って色々と試す人も居るわけで、自分の場合は間違いなく後者。ちょっと極端な例かもしれないけど、5本指じゃない普通の綿100の靴下と、この靴下だとどっちが良いか?でも、そういう事だと思うんですよね。なので、靴下はシューズ同様、非常に重要なアイテムの1つだと考えています。

普段の練習にはタビオを使ってて、これはこれで丈夫だし、良い靴下なんですが、レース用にはこのPRO-PADと去年あたりから決まってきています。タビオの良いところは、ズバリ耐久性!それなりの機能に加え、とにかく丈夫って所が良いです。下手な安モンの靴下よりもコストパフォーマンス高いと思います。一方、このPRO-PADは耐久性はぶっちゃけそないに良くは無いものの、各所のPADが狙い通りに機能してくれるんで、大会用としてはアリかなと。


これまでは26cmのものを使用してたんですが、今回は28cmを買ってみました(ちなみに、実寸は27cm)。試着した感じ悪くなさそうですが、こればっかりは走ってみやんとわからんですよね。問題なさそうなら、26cmは練習用に格下げして、今年のレースはこっちで行こうと思います。




 

16日 有酸素走  11.8キロ
17日 回復走


と来て、今朝はロング走27キロ。
キロ6’00から入って、ジワジワ~っと上げて、最後の5キロをキロ5'20くらいで・・・・の、予定でしたが


大撃沈!!


5キロ走ったトコで足が止まって、なんとか走ろうとするも、体が走りたくない!と拒否して、走っては止まり、走っては止まり・・・

で、結局ランニングをはじめてから初めて電車で帰宅という結果に。

理由は色々で、普段ゲーターとかつけないんですが、大会で装着しようと今朝はゲーターつけて走ったのね。でも、脹脛が痛くて走ってられん!!とにかく苦痛で、5キロ程走って辛抱ならずゲーターを外すためにSTOP。これが一番大きな要因。

あともう1つ、今日はできれば30キロ走りたくて、でも息子の運動会のからみもあって、絶対朝7時には戻らなきゃならんくて、逆算すると4時には走りださなきゃいけない・・・結果的に3時半に起きる・・・要するに寝不足ってのも大きな要因。

という事で、体調とか筋肉疲労とかじゃなく「メンタル的」に走れないという貴重な体験をしたわけで、ぶっちゃけ今現在



思い切り凹み中orz


もうサブ3.5どころか、サブ4すら無理なんじゃね??てか、これってオーバートレーニングなん??休養って必要なん??色んな事を考えては不安になります。。。大丈夫か?オレ・・・


とりあえず、今晩は、ランの事は忘れて、飲んで食べて楽しい事やって、良く寝よう!うん、そうしよう!!


そうそう。
それなりにブログも継続できてしまってるんで、ブログランキングってやつをやってみた。
見てる人、皆目居ないかも?ですが、応援のクリックお願いします!!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 



このページのトップヘ