戌夜のランナー

テレビにらめっこ世代のランニング備忘録

仕事柄、プロジェクト切り替わりと同時に、
クライアントも変わる=仕事場も変わるワケなんですが、

ここ数年・・・いや、もう10年近くになるかな?

1つだけ変わらないものがあるんですよ。
トッテモ不思議な事で、こう言うのも「ご縁」って言ったりするのかもしれないけど、
その変わらないものってーのが、


最寄り駅


遡ると2010年頃から、大阪の地下鉄は「肥後橋」駅が最寄り駅の
お客さんとお付き合いがあって、プロジェクト終わって、次のお客さんも肥後橋、
次も、その次も・・・・そして、今回も肥後橋のお客さん・・・

淀屋橋でもなく、
本町でもなく、
北浜でもなく、
難波でもなく、
谷四でもなく、
天王寺でもなく、
西中島南方でもなく、



今回も、ま~~た「肥後橋」のお客さん



そら、フェスティバルタワーが出来たり、ダイビルだの
立派なビルが沢山ある立地ってーのはあるけど、
流石にコレだけ続くと「何かあるんちゃうん!?」って思うやん??
「氏神さんに気に入られてるんやろか?」とか考えるやん??


そんなミラクルがあっての、6月からの新しいお客さんなんですが、
それはそれは立派なビルにオフィスを構えてらっしゃるんですが、
そこにある「トイレ」が、ちょっとアレなんですよ


トイレっつっても「小」の方なんですがね


「小」の方=男性限定ネタになってしまうので、
女性の方は、ここらへんで
Exit(↓)(The キクチヒロシ method pakuring)






さて、
男性しか居なくなったところで話をつづけます

いわゆる「小」をするとき、睡眠不足解消だのサボリだのここぞとばかりのスマホからのクリック合戦だのと言った目的以外では、
扉付きの便器は使わず、立ったまま用を足せる「小便器」の方を利用するかと思います。


んで、この「小」をするときの事なんですが、
チャック降ろして、ナニを出して、サッっと出てくれれば良いんですが、
そうじゃない時ってありません??
ありますよね?ってか、あるんですって!!!


思い起こせば、確かに若い時分は、大体はサッと出てくれてたような気がします。
が、ココ最近は、尿意がある(=だからトイレに来た)にも関わらず、
チャック降ろして、ナニを出して、サッと出てくれない時があります
確率で言うと、半々くらいで、そんな状況になります(オレ統計)


でよ

まぁ、そうなったら、そうなったで、そのうち出てくれるやろー
言うて、振りかぶったままで、ずーっとファイティングポーズを取り続けますわな

あっ!
ファイティングポーズ言うても、誰かシバいたろかー言うソレとちゃうで!
両手で先っちょ持ったまま、ナニが出てくれるまで、じーーーっと待ってる事やで!

・・・って、そんなん言わいでも、分かってるって??

あ、ホンマ?www



まぁエエよ・・・って、そもそも何の話をしたかったんや?(笑)
そうそう!新しいお客さんトコのトイレの話。


ココのトイレが、もうまさに「ハイテク」そのもので、
小便器にセンサーが搭載されてて、今、まさに、ナニから「小」が降り下りて来る
ってタイミングで



ジャーーーーッ



って、一瞬だけ水流しよるんです!

小便が便器に着地するより先に、水を流す事で
小便が便器に付着するのを最小限に抑える事ができ、
結果、キレイを保ったり消臭にも繋がる・・・と言う素晴らしい機能!
スゴイくない?ってか、マジで凄いよね??


最近の小便器はココまで進歩したんかー
と、ワリとマジで感心した・・・・ものの




この機能、マジ(゚⊿゚)イラネ 



サッと出る時は然程気にならないんだけど、

小便器の前に立ちました、
チャック降ろしました、
ナニを出しました、

でも、なかなか出ません、出てくれません(ToT)

・・・ってタイミングで、お隣さんが来ました、
チャック降ろしました、
ナニを出しました、


ジャーーーーッ


っと、プレ清掃機能が“お隣さんの”便器で発動しました。
しばらくして“お隣さんの”用が済みま・・


ジャーーーーッ


っと、プレ清掃機能が“僕の”便器で発動しました





は、恥ずかしいわ!!(/▽\) 


って、なるよね、なる。


まぁ・・・
ナニを出してから、サッと出る人には関係ない事なんやろけど、
それも今のうちだけで!
加齢と共に、色々と不自由になって行くんやからな!!(怒)←誰にキレてんねんw



いつもありがとうございます!
もしお気に召しますれば、あらよっと(↓)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


今日の体重:
85.3kg

コメントを入れようと思ったら、閉じてあったんで、
仕方なく(笑)自分の所に書こうと・・・



で、何か書こうと思っても、
これが中々筆が進まないw


だって、ほら、
ヘルニアこじらせて、1年半くらい走ってないし、
今年はマラソンのエントリーすらしてないし、
走ってないから、体重だって83キロくらいまで行っちゃった
だからっつって、晩酌はヤメられないし・・・・
そんな状態のボクが


また走りましょう!待ってます!(`・ω・´)


とか言うたところで、どの口が言うとんねん!(゚Д゚)
ってなるよねww



でも・・・
そんなメタボな僕なんだけど、
厚かましく、気持ちだけは未だランナーだと思ったりするんですよ


またいつかPB目指して走りたい!
って、心のどこかで思ってる。


走らなくなった今だって、歩く時は常に
重心真下着地を意識しちゃってるしwww




時間かかると思いますが、それは僕だって同じです!
え?貴様のメタボと一緒にすんなって??


あ、ホンマw





僕も、焦らずゆっくり再始動します



来年か、再来年か・・・
その時は「復帰組」として、ご一緒させてください


またRUN


では総括です。

まず、今年の参加者のおさらいから

100kmの部 2名(11名)
60kmの部 30名(51名)
(カッコ内は昨年の数値)

今年も北は北海道から南はシンガポールまで、多数の方にエントリーいただきました。


ぶっちゃけ、
今回はダルブエントリーを不可にしたり、目新しいコンテストもなく、

参加者激減するんじゃね??

なんて話をしていたんですが・・・何の何の!
蓋を開けたら、予想を上回る方にエントリーいただきました。
本当にありがとうございました。



よし!
じゃー、僕も主催者として頑張らねば!!(`・ω・´)

と思ったものの、その後どうなったかは、皆さんご存知の通り・・・
ポータルサイトどころか、タイムリーな告知もできず、
主催者として「すべき事」が全然出来ずに終わってしまった・・・
参加者の皆さん、


本当に申し訳ございませんでした。


そんな状況を察してか、色んな方から励ましのお言葉を頂きました。
そして、結果的にその言葉に甘えっぱなしになってしまった・・・

と、
主催者としては、色々と消化不良な面が多々あるんですが、
去年、走れなかった鬱憤を、参加者として晴らす事ができました。

結果は、30kmDNF(というか、実際は3kmで失格w)でしたが、
一緒に走ってくれたみんなのお陰で、トテモ楽しく、
僕にとって、間違いなく「記憶に残る」エア柴又になりました。



ココまで僕の事ばかり書いてしまいましたが、
大会を客観的にみてみると、
2年連続100km完走のエイチさんは、やっぱ凄いなーと思うし、
5時間切りを果たしたひろとさんも凄いなーと思うし、
と言った「凄い」も沢山あったし、
外反母趾痛にも拘わらず、ワラーチで参戦したたくやんさんも、
ホントに「凄い」と思います。

と、固有名詞を出しはじめると、キリがないんですが、
とにかく、僕自身が走れなくなって(走らななくなって)
久しぶりに長い距離走ってみた感想


まぁ、60キロ走るって凄い事だわ!!


100kmだと尚更だよね?
とにかく、長い距離走る事の凄さを痛感した次第であり、
故に、無事完走した皆さんに拍手をおくりたいし、
残念ながらDNFとなった皆さんにも、「ナイスチャレンジ!」と言いたい!!

そして何より、
今年もまた、大きなトラブルもなく、無事大会を終える事ができたこと。
参加者皆さん、応援隊の皆さんの「大人の対応」に、心より感謝致します。
ありがとうございました。



最後に、
去年から2年間、エア柴又の主催をさせていただきました。
どっちかってーと、ナカナカ思うような運営が出来ず、
「こんな事やれるんじゃないかな?」
と思った事の7割くらいしか出来なかった気がするんですが、
自分なりに精一杯できたと思うし、
けんいちさんとは違った僕なりの色も出せたんじゃないかな?
今はそんな気持ちでいます。


という事で、りょうた主催でのエア柴又は今年で最後とさせてください。
そして、今の今から来年のエア柴又の主催者を募集したいと思います。

個人的には、関西を離れ、他のエリアの主催者がやれば、
良い意味で、また違った「色」が出る、エア柴又になるんじゃないかなー
なんて思います。

ハッキリ言って、主催するのは簡単じゃないと思います。
今年の僕を見てもわかるように、急に仕事が立て込むと、身動き取れずに詰むケースだってあります(苦笑

でもね?
エア柴又って、主催者はあくまで「サポート役」でしかなく、主役は参加者であるランナーだと思うんですよね。
コースから何からすべて自分で計画して、実行するのも自分。
でも、同じテーマでチャレンジする仲間が居て、それを共有する楽しさがあり、繋がりがある。
それを、少しだけサポートするのが主催者なんじゃないかなー
そう思うんです。


という事で、新たなエア柴又の主催者を募集します。
僕も出来る限りのサポートをしたいと思います。


「オレに任せろ!」って人は、是非とも立候補してください。
コメントでもツイッターでもメールでも何でも良いので、僕にその意思を伝えてください。
意思伝達後、当ブログにてコクチヒロシをさせて頂き、引き継ぎ完了とさせて頂きます。


先着順で良いですよね?
立候補が無ければ、来年のエア柴又の開催はナシとなりますが、
きっと、「新しい風」が吹くと信じています。


という事で、
最後は敢えてこの言葉で締めたいと思います。


エア柴又2018に携わった全ての方
お疲れ様でした!


また来年!


このページのトップヘ